●旋 律●
-五番星自作楽曲の紹介-

特集:俺と音楽…五番星の内面に迫るインタビュー!!

 ●自作楽曲展●
  新世界秩序 2013年03月05日 2:35
012  パイプオルガンを使って終末感漂う対ラスボス戦に使えそうなBGMを作ろうと奮闘した作品。冗長なほど同じフレーズを何遍も使うし、途中から乱入してくるピアノによって禍々しい雰囲気を帳消しにされてしまう始末。この曲を仕上げるだけでラスボス戦ほどの消耗を強いられてしまいました。

用途:対ラスボス戦 等
音源:MP3(160kbps) / OGG(ループ付)
011 Fate to Wins 2013年03月04日 3:05
 対ザコ戦、それは勝って当然であると云わざるを得ないでしょう。曲名はまさに『勝利する運命』そのままです。ちょっといつも以上に盛り上げたかった思惑があって、いつも以上にハリボテ感溢れてます。ちなみにドラムにはケツドラムの開拓者ビリー氏に一部叩いて頂きました、これは私と皆さんだけのヒミツですヨ☆

用途:通常戦闘 等
音源:MP3(160kbps) / OGG(ループ付)
010 Forest -早朝の息吹- 2012年09月14日 3:17
 迷いの森みたいに、中盤以降に出てくるようなディープでダークな森ではなくて、序盤に出てくる、木漏れ日が差し込んでくるような森に使えるかも知れないBGM。しかし、多分、山道には使えないと思われます。いやあ、都会と違って空気が美味しいなあ、なんて暢気な会話を繰り広げながらザコ敵を蹴散らしていけばいいと思う。

用途:序盤の森ステージ 等
音源:MP3(160kbps) / OGG(ループ付)
009 故郷 -はじまりの場所- 2012年09月12日 2:45
 いかにも勇者を輩出した村と云ったBGM。もう、ピッコロの音源のおかげでかなりクサいですねえ。最初は、ひたすら明るい曲調を目指したんですけども、作成者の意に反して、途中からちょびっと儚げになってます。まあ…その…、勇者は魔王を退治する為に故郷に別れを告げなければなりませんのでね、そんな勇者の抱えるセンチな側面まで楽曲に表現したのですヨ、と云う事でお願い致します。

用途:勇者の村 等
音源:MP3(160kbps) / OGG(ループ付)
008 House in the Station 2012年09月12日 3:00
 ステーションとハウスの夢のコラボ。一見、ふざけたコラボではありますが、私にしてはなかなかに真面目な音楽だと自負しております。いや、初っ端からATOS接近音を使う辺り、かなりキワモノなんですけども…。サビ部分でベルの音の後ろで微かに鳴ってる木琴は、新宿駅12番線の発車メロディを奏でております。現代モノRPGを作ってるんだけど、どうも駅に使えそうなBGM素材が見つからない、そうお嘆きの諸兄に捧げます。
用途:中規模以上の駅マップ・電車内マップ 等
音源:MP3(160kbps) / OGG(ループ付)
007 本慶市歌(もとよししか) -Motoyoshi City Serenade- (Short) 2012年06月30日 再生
 シムシティ4の動画用に作成した、本慶市歌(2010年作成)、2年越しのリメイク版。
陸の孤島であった本慶市…、村落から大都市への再開発事業が発足されてから数年後、再開発事業の事業部長でもある前市長が再び市長選で圧勝した。20世紀フォックスのできそこないみたいなファンファーレが鳴り響く中、市庁舎通りで市長就任のパレードが執り行われた。市民の興奮が最高潮に達した時、ファンファーレが一転して、本慶市歌が演奏されはじめる…。市歌を熱唱する歌姫は2010年の時と同じく、五番星家の初音ミクさん。そしてコーラスには急遽駆けつけたガクト様が参加すると云う異例の就任式となった…。というストーリーを踏まえて聴いて頂けると、結構納得して頂けるんじゃないでしょうか。動画のほうはまた作りたいですネ
 同日の日想にて、当曲のアツい制作秘話を公開しております。
※歌詞はこちら
006 五番星流戦闘曲01 2012年03月28日 再生
 五番星サウンドと云えばもちろん、ハリボテである。洗練された無駄が無いほどの無駄に華美なシンセサウンドの応酬とその形容しがたい作曲センスは聴く者を圧倒してきた!でも、もっと違うジャンルの曲も手掛けたいと思うのは常に開拓してゆく作曲家の姿勢そのものではないでしょうか!…そう…そうだ、ロックだ!私はロックな曲を創りたい!歪みに歪んだギターをかき鳴らし!ビリーのアニキが奏でるケツドラムのごときビシバシとキマる重厚なドラムサウンド…!そんなロック成分の中にブラスやストリングスを加えて吹奏楽との調和をはかり、場違いなほどの残響の大きい切ない系のピアノも参戦させ、またも斬新な音楽性を追求していった…!!
 …それがこれです。現代モノの戦闘曲あたりにお使い頂けます。
005 五番星流ジングル02 2011年10月02日 再生
 待望の五番星流ジングルの続編でありますこの楽曲。再生時間僅か8秒でありながら、構想から3日も費やしたまさに休日返上の賜物といえるでしょう!ゲーム起動時のクレジット表示等でお使い頂けます。
 さあさあアツい製作動機をお話し致しましょう!私、実は不本意ながらキリシタン系学校へと毎日通っていて、礼拝も信心もなくただ聖書の文書を目を通してひたすらにアラ探ししてるような人間なんですが、讃美歌だけはだいぶ洗脳されたか、癒しというものを感ずる事がようやくできたんです。そして長年の研究の末、讃美歌でお馴染みの『アーメン』は、コードにしてF-Cであることを発見した事から、そりゃもう!!アーメン進行で!作曲がしたい!!久々に掻き立てられましたね。しかしながら、ただアーメン進行を使うようじゃ芸がない…五番星はそう思うわけであります。一か月くらい前に『テンションコード』とかいう言葉を覚えてたんで、そのテンションなんちゃらとかいうやつを付け足そうという五番星の新たな試みが炸裂した味わい深い逸品。あっと!!もちろん、五番星曲のアイデンティティである超ハリボテアレンジは超健在ですのでご安心を、ふほっほ!!因みに、コード進行は、Am9-FM7-Cだぜ!FとCの間にGが入ったら毎度お世話になってる小室進行じゃん…
004 五番星流ピアノソング01 2010年12月20日 再生
 きれいでしょう。何が?いやいや、そりゃぁ決まってるでしょうあなた。このピアノの音色ですよ。これ確か、SF2MIDIとかいうサイトで落としたDX-7風のピアノ音源だったように記憶しております。もうこれが使いたくて使いたくて!それでまぁ折角だから作曲もしてみようというきっかけで生まれた曲なんですね。もう完全にJ-POPに傾倒してるものですから歌メロチックなんですね。しかしその一ヵ月後、長年の相棒、CE30G5君がついにダメになりまして、この曲を含め全ての作曲データが消えてしまったんですよ。しかしその直前、『ちょっとコイツを聴いてくれよ』と半ば強制的に友人であるななゆさんに送りつけていたので、彼のPCから再輸入する形で曲のデータを頂き、この場に公開することができたという感動のエピソードを持つ作品ですね。熱い友情に涙しますわ。できることなら普通のピアノアレンジじゃなくて、あの!五番星アレンジを施したいところなんですが、作曲データが永遠となっているので耳コピからスタートなんですね、自作の曲を耳コピってどうなのよ!!いやもう本当にななゆさん、この曲を取って置いてくれてありがとう!
003 五番星流ポップス01  2010年02月06日 再生
 2009年の後半ともなると私も世間一般で言われるJ-POPとかいう歌を好んで聴き始めるようになったんですね。その時、久しぶりに己の内に秘める作曲魂が疼きましてですね、見よう見まねで歌メロに挑戦してみたんですよ。基本的に五番星のツボを完全に押さえて作った曲なんですね。静かな出だし、4つ打ち、ハリボテ感たっぷりのシンセ、もうツボりまくりんぐなんですよ!
 最初は歌詞もあったんですが、あまりにも痛くてインストのみの公開となります。自作の中では、うぅん、まぁ…ようやく聴けるレベルに達したんじゃないかなって思ってます。
002 五番星流ジングル01 2009年05月24日 再生
 この曲は、かつて製作していたバカゲーであります『神ゲーII』の華々しきオープニングを飾る曲という構想を持って作曲致しました。しかしなんでしょう、都時雨以降、作曲に飽きてしまった(めっちゃ早ッとか言わないで…)ので、ゆうに7ヶ月振りの作曲ですよ。それでこの曲を作った三日後くらいにオープニングにふさわしいめっちゃカッコいい曲を見つけて結局この曲は日の目を見る事はありませんでしたね。というかゲーム自体日の目を見てないんですけどね、エヘヘ^^
001 都時雨 2008年09月09日 封印
 皆様、覚えておりますでしょうか。あの五番星の脅威の、…驚異の初作曲作品であります、この『都時雨(みやこしぐれ)』。いやぁ、すごかったですね。かつて聴いて下さった皆さんもう本当にごめんなさいね。完全に音楽テロでした。それに現在、手元にこの曲ないんです。以前使用していたサーバーにホームページごと消されるという憂き目に逢ってしまい、この曲は永遠となりました。というかぶっちゃけ私自身どんな曲か覚えてません。ただ覚えているのは、すごかったっていう事、ただそれだけさ。

戻る